So-net無料ブログ作成
ライトノベル ブログトップ
前の5件 | 次の5件

俺の妹がこんなに可愛いわけがない [ライトノベル]

俺の妹がこんなに可愛いわけがない (電撃文庫 (1639))俺の妹がこんなに可愛いわけがない (電撃文庫 (1639))
(2008/08/10)
伏見 つかさ

商品詳細を見る


今さら、かつ需要はないだろうけど、たまにはきちんとした冒頭ネタを用意しようかと思いまして。
そんなわけで、ストレートなタイトルで綴られる兄と妹のネタ話「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」を紹介したいと思います。

どうしてもかーずSPとかアキバBlogって単語が出てくるネタ的な部分、その他オタクへの偏見とか、そんなところの話が注目されるんだと思います。
しかし、タイトルを考えるとそんな問題は些細なことなんですよ。

妹が兄に冷たいのも、賢いくせにおっちょこちょいなのも、万能なのにオタク趣味なのも、すべては兄に「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」と言わせたいだけの伏線というだけに過ぎないんです。

これが凄い。

まさにシンプルイズベスト!

別に見返りを求めたわけじゃない。そもそも見返りをしてくれるような妹じゃないし。
兄は妹の行動を見て守ってもいいだろうと思わせた。

その結果が最後の1ページなんだよ!
シンプルな挿絵とシンプルな文章。ここに至るまでに積み上げたもの。全てが集約されてます。

確かに安易な話だけど、安易ゆえに面白いです。可愛いわけがないのに可愛いです(笑。

シゴフミ 4巻 [ライトノベル]

ライトノベル版シゴフミ4巻の簡易感想です。

続きを読む


クダンの話をしましょうか [ライトノベル]

クダンの話をしましょうか (MF文庫 J う 3-5)クダンの話をしましょうか (MF文庫 J う 3-5)
内山 靖二郎

メディアファクトリー 2007-10
売り上げランキング : 29144

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


夜の駅前の噴水広場の片隅、小さな机で占いをしているセーラー服の少女、クダン。
クダンには「予言」の能力があるが、予言をしてしまうとその子と別れなければいけないルール。
そんな運命から解放されるために、ヌエという人物を探しているのだが…。

ぶっきらぼうだけど、どこか優しくて憎めないクダン。
予言をしてしまうとその人と別れなければいけないと知りつつ、優しさゆえに「予言」をしてしまう。
そんな切ない予言の物語。
読み始めは世界観に入れなくて戸惑いましたが、読んでいくうちにクダンの周りの優しくて寂しくてちょっぴり不思議。
そんな雰囲気に飲み込まれるとハマります。
クダンという孤独な少女を救える人物は現れるのだろうか…。というか続くんですよね。

さよならピアノソナタ [ライトノベル]

さよならピアノソナタ (電撃文庫 す 9-6)さよならピアノソナタ (電撃文庫 す 9-6)
杉井 光

メディアワークス 2007-11
売り上げランキング : 2095

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「六月になったら、わたしは消えるから」
彼女が消えるまでの一ヶ月間、
ぼくらはかみつきあったり、ぶつかりあったり、
けんかしたり、少しだけ助け合ったり、
泣いてるところを見たりして、
それでもずっとそばにいた


人を寄せ付けないピアノの天才、蛯沢真冬は一人空き教室でギターを弾く。
そして、自分の今までの居場所を奪われ憤慨する男子ナオ。

終末的なノスタルジックな雰囲気で始まる内容ですが、そんな切なさを忘れさせる真冬のツンケンっぷりが素晴らしい本作品。
一人の女の子のために、今まで無気力だった主人公が物事に一生懸命取り組むようになるって姿は王道だけど好きだ。
中々開いてくれない彼女の心が、彼の音楽によって開き始めたとき、彼女の秘密が明らかになる。
そして現実から逃亡するように、二人は小さな世界の果てへと。そのたどりつく先とは。

切なく淡い青春物語、プラス終末系。一見アホなことに一生懸命になる姿はよいものさ。
ダメダメで無気力に生きてた主人公をここまで生き生きとしたキャラへと変貌させた恋の力は偉大です。
そしてツンデレはやっぱり偉大(笑)

僕たちのパラドクス2巻 [ライトノベル]

僕たちのパラドクス 2 (2) (富士見ミステリー文庫 82-2)僕たちのパラドクス 2 (2) (富士見ミステリー文庫 82-2)
厚木 隼

富士見書房 2007-09-08
売り上げランキング : 67433

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


このままでは未来に戦争が起こってとんでもない世の中になる。それを明るい未来へ改変するために重要人物である青葉を保護しにやってきた霧島榛名。
1巻と違うのは、現代以前の時代が改変されているということ。
その謎を探るべく、1429年の中世フランスに飛ぶことになるのだが、榛名は歴史の流れを戻すべくジャンヌダルクとして行動し…。

それぞれの未来にいいように操られるスケールの大きさがたまらん。

ぶっちゃけ、タイムパラドクスの概念の細かいことはわからないですが。
1巻の結末はどうなったんだっていう話がこの巻の最後にちらっと出てきて、謎が謎をよぶ展開に。時間の概念が関わるとスケールが大きい話になるのですが、この辺をどうまとめるのか今後も楽しみ。
前の5件 | 次の5件 ライトノベル ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。