So-net無料ブログ作成

2014年に気に入ったアニメの感想 [アニメの話題]

昨年夏以降、感想書く余裕がなくなってしまったのですが、1年のまとめは何とかやろうと思いまして。
2014年アニメで気に入ったアニメ10本ほど(実質8本ですが…)感想置いておきます。


S
・普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。(公式サイト
2014年でどのアニメが一番好きかと言われたら、やっぱりろこどるになるのかなぁと思います。
ローカルアイドルということで、住む地域に密着している距離感の近さがいいのかなぁと。
他のアイドルモノのアニメだと話が進めば進むほどやっぱり遠くに行っちゃう感がぬぐえないんだけど、そういう感じがないのがよいというか(失礼)。
奈々子さんが良い意味で庶民的な部分がかわいいのがウリなのか。
キャラクターがみんな暖かいキャラで、縁さんと奈々子さんの関係も良くて、事あるごとに力を合わせて乗り越えてきたのもよかった。
最終回もただのアイドルではなく、ローカルアイドルだからこそできる良い話になっていました。
1クールアニメでこれ以上ないくらいストーリー、キャラクター共に完成度が高かったと言えるんじゃないかな。

・凪のあすから(公式サイト
これはこれで、2クールだからこそ出来る話なのかなぁと思います。
色々とファンタジー的な要素はあるものの、話の大枠は、幼なじみのめんどくさい恋愛話でした。
前半はゆっくり時間をかけて世界観とキャラの関係を見せてもらったところで、後半は時間の進んだキャラと進んでいないキャラがいるという「おふねひき」「冬眠」という設定が何ともあくどい。
そんなあくどい設定の中、一番話をめんどくさくした犯人はちさきだと思っている。幼なじみでありながら、一人だけ冬眠せずに時が流れて思いも移ろってしまった、そしてそんな自分が…って考えちゃうところ、ほんとめんどくさくて面白かった。
あと、2クール目で台頭してくる美海とさゆの存在感。3年経って、光たちと同年齢になり手の届かないところから届くようになったところで、こちらでも恋愛模様が進んでいくから、この話を考えた人はほんと性格悪いと思う。
美海ちゃんの今後が心配だけど、案外そのうち新しい恋に芽生えるのかなーって気もしますね。
私の中では、さゆが要に思いを伝える24話が最高に好きです(多くの人にとって好きな場面だと思っていますが)。

A
・月刊少女 野崎くん(公式サイト
2014年の中でギャグアニメとして好きだったのは、やっぱり野崎くんでしょう。
みんなが少しずつ気持ちがズレているところを楽しむものだけど、そのズレ部分が自分にマッチしたのかなぁ。
瀬尾さんとか前野さんとかイラっとするキャラもいるのに、何だか上手くギャグに持っていってるから、思ったよりイラっとしなかった辺りもギャグの表現が上手いのかなぁ、とか。

・エスカ&ロジーのアトリエ(公式サイト
中盤までのギャグ多めの展開も好きだし、後半のシリアス展開も好き。
前半では、しっぽの話がひどかったよね。
5話の天使ルシルの登場回もとても良い話だったし、これを書くにあたって見直したらほんと天使でしたわ。
後半は9話のエスカが落ち込む話と、10話のロジーさんにあきらめないで!という話でのエスカとロジーの関係性がとても良かったと思います。
キャラ的にはウィルベルさんが一番好き、存在そのものがギャグみたいに思えて面白かったですよね。
このアニメが終わってから、シャリーのアトリエを買ってクリアしたくらい影響受けました。シャリーでもウィルベルさん出てきて俺大歓喜。

・黒子のバスケ(公式サイト
青峰くんとの試合が凄く面白かったけど、この先あれ以上の試合があるのか。次に1月から新クールが始まるので、それを見てということにはなりますが。
能力戦がメインになると、ギャグみたいな展開になるけど、きちんと「思い」が乗っかっているから話が締まるんだよなぁと感じました。

・天体のメソッド(公式サイト
・ガールフレンド(仮)(公式サイト
先日に書いたクール別の感想のところに書いた以上のことはないので、そちらを参照してください。
(ネタバレありなら書けるけれど割愛)

B
・RAILWARS! -レールウォーズ-(公式サイト
毎回事件が起こることが面白くて。不謹慎だけど、ここまで事件が起こるともはやギャグの領域な気がしてきます。
まぁ、こんなに事件未遂みたいなことばかり起こるのであれば、国鉄じゃなくなってよかったねーとも思っちゃう。
軽井沢のトラブル解決する話が大好き。バラバラだったけいよんチームがみんなの得意分野を出し合って力を合わせて突破したところが凄いなぁと思うのでした。

・アイカツ!第2シーズン(公式サイト
第2シーズンの前半はドリアカ、後半は美月さんとみくるの話が絡むことが多かったのかな。
美月さんといえば、第1シーズンの頃のような頑張りすぎて、周りがついていけないみたいな美月さんではなく、みくると会ったことで落ち着いてきたのかなーって感じ。
美月さんが登場するとロクなことが起こらない印象だけれど、悪いキャラも悪い話もしないようなアイカツの世界観の中で一人ギリギリなところを突っ走っていたキャラだったんだなぁと今なら思えます。
その集大成が劇場版のアイカツでもあったわけだし。
今の第3シーズンは、これまでに比べると飽きてきた感はありますが、ダラダラと見ています。あかりちゃん可愛いからね、仕方ないよね。

・ご注文はうさぎですか(公式サイト
終わってからわかる日常的なギャグアニメの大切さ(と言っても、ごちうさは世界観ファンタジーですが…)。
もう少しいい話を減らして、ギャグよりにしてくれた方が私の好みではあるのですが、十分楽しめました。
物足りない部分もあるけど、ギャグはそれぞれのキャラにとってのお約束的ギャグが多くて、安定感があったように感じました。
あと、ごちうさに関しては、主題歌の(あざとさの)勝利だったのかもしれません。
でも、これを見て心ぴょんぴょんしちゃうと、見終わったあとの現実に戻ってきたときの落ち込みが半端ないので落差に悩まされるよね(自分だけっすか?)
うちは千夜シャロが好きだけど、あんまり人気なさそうですな。


ギリギリ11位以下
・ヤマノススメ2期:原作ファンだけど、アニメオリジナルの話が微妙だったのでこの位置にした。
・ラブライブ2期
・ソードアート・オンラインⅡ:マザーズロザリオ好きだけど、やっぱりGGO編は苦手だった。
・ハナヤマタ
・悪魔のリドル:終わった後に好きになっていった気がする。全部わかった状態でもう一度見ると見方が変わりそう。


参考までに過去ログ
2013年に気に入ったアニメの感想
2012年に気に入ったアニメの感想
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。