So-net無料ブログ作成
検索選択

ひとつ飛ばし恋愛 レビュー [ゲームレビュー]

ひとつ飛ばし恋愛 (ASa project)

園原コラ!

シナリオ
シナリオって呼べるほどのものがあるとすれば園原シナリオくらいか。
園原だけシナリオで優遇されてるから、りさじゃなくても園原コラ!って言いたくなるんじゃないのかな(笑。

基本的にはギャグといちゃいちゃを楽しむ内容ということで。
今回はギャグ部分の多くが寿りさにいったので、残りキャラではいちゃいちゃに集中して楽しめるかと。
他キャラはギャグ成分軽め。通常のイチャラブゲーな範疇かなぁ、と。

りさが率先してヨゴレをやってくれるから相対的に他のキャラがより可愛く見えるっていう、アサプロの作戦なんてことも考えたくなるくらい。
ほんとりさシナリオは他のゲームでは中々ないことをやってくれたので、それだけでお腹いっぱいですよ。うざかったけど!ただ、そんなりさでも個別ルートの途中ではちょっと大人しくなっちゃうのが逆に残念。

桜ちゃんは天然入ってる感じだから苦手かなぁとやる前は思ってたんだけど、いちゃラブ成分の物量にそんなんは些細な問題となってしまいました。
だって個別に入ってからの桜はかわいすぎるんだよ。うん、どうしようもない。

夏芽さんは素直すぎて将来が心配だ…。


グラフィック
ここ最近は変わりなしのメンツだったはずだし、特に大きな問題はないと思います。
こういうゲームには奇抜な髪型や服装は当たり前である程度は気にしないんだけど、今作品は何か色々気になってしまうね。一番は千乃の髪型。あの髪の毛のリングの間に手をつっこんで遊んだりしたら楽しそうだ(ぇ


音楽
BGM数は平均的だし、曲に関しても特に言うことはない。
音楽というより演出だけど、エンディングは同じムービー使い回しなのは気になった。EDで余韻にひたれなくなるから。映像は変えて欲しかった…。
声優に関しても特にいうことなし。碧里にあの声を当ててきたのは鉄板的ではあるけど、よかったと思う。


総評
この作品の最大の欠点としては、あまり「ひとつ飛ばし」してることが生かされてない…ってことです。
それを生かすと無駄に重い展開になりえるので、このくらいで抑えてキャラクターとのバカップルを楽しむ方向に持っていったのは作品としては成功なのかな。
ただ、逆にひとつ飛ばすことによるギスギスした展開を考えてた人にとってはクソゲーにすらなりえる危険性があるので、タイトル詐欺って気もします。
まぁ、そういうところも含めてアサプロ作品の特徴なので私は許容というかむしろ安心したくらいの気持ちです。
あとは、飛ばされたキャラも紅や千乃あたりは普通なら攻略できそうなキャラクターだから、何で攻略できないんだーってなりそうですな。

その辺りの欠点をさしおいても、気軽にギャグとラブを楽しめる良作だと思っています。

コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。