So-net無料ブログ作成

LOVESICK PUPPIES レビュー [ゲームレビュー]

LOVESICK PUPPIES -僕らは恋するために生まれてきた- (COSMIC CUTE)

ギャグとかは別に面白いわけじゃないけど、アットホームな雰囲気にのまれる作品だと思いました。

シナリオ
基本的にはおせっかいな主人公とそのまわりのヒロインたちの気持ちを感じる内容だと思います。
ある種の恥ずかしい台詞のやりとり、ぶつかりあいから心を開いていく、そういう内容を楽しめるかどうかで決まるのかなと思います。
ただの一方的な説教話ではなくて、基本的にはみんながみんな考えて最善の道を探していく…といったステップを踏んでいるのが見えるから、私はこの作品が好きです。
特にメインの二人、空小路さんと有希の話は非常に上手く心の変化が見て取れるので、感動的な話になっているといえます。


グラフィック
三九呂さん原画でやや癖が強いかな。等身も高めだし劇的に可愛いって感じではないけど、崩れているわけでなし特に問題ないかと。
可愛い系というよりは、むしろ千景さんのような悪そうな表情の方が見栄えいい気もしますね。
背景その他は特にいうことなし。


音楽
SOUNDMODE見てみたら、実はBGMにはめちゃくちゃ曲数あってちょっとびっくり。
あまり気にならなかったので、特に言うこともないのですが、場面に合うようにこれだけ大量のBGMを投入したからなのかなぁとも思いました。
ボーカル曲はOPとEDで1曲ずつ。BGMは大量にありながらエンディングはやや雑な曲の使い方だなぁと。贅沢を言えばここが不満点かな。
声優は基本レベル高くてあまり言うこともないかと。あぁ、一色姉さんはちょっと浮いてたけど、姫里さんのキャラには合ってたともいえるか。


総評
ちょっと陳腐なところもあるけど、真っ直ぐな感情のぶつかり合いと、そこから生まれる関係性がよかったなぁと思います。
あと、イチャラブ成分が多めなところも(やや行き過ぎなところもあるけど)楽しめます。
空小路さんの成長っぷりもよいですし、有希の話では幼馴染だからこそのお話になっていて、そこがまたよいかなぁと。ソーニャの話での気持ちのぶつけ方も好き。

というわけで、キャラゲーと言われればその通りでもあるのですが、シナリオも好き。
主人公の行動とかわざとらしく起こる事件に冷めない目で見れるかどうかってところか。物語のために事件を起こしている感が若干見え隠れするので、そういうのが気になると厳しいかも。
私の場合は気にはなったけど、それ以上にキャラクター同士の気持ちの持って行き方が好きだったので大きなマイナスにはならなかった、というところ。

あとキャラとしては、弥生先生とか志穂さんも好きですが、攻略はできない…。
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。