So-net無料ブログ作成
検索選択

ラヴレッシブ レビュー [ゲームレビュー]

ラヴレッシブ (SMILE)

クリアしてたのにレビューあげるの忘れてた。
すまねぇな、アルティメットだけどトリ頭だからよ。

シナリオ
ひねりのないコンセプトそのままの作品でした。
「積極的な女の子恋愛を楽しむ」ということに特化した作品と言ってよいかと思います。
4人から迫られる割には、ギスギスとはしないあっさり感が心地よいと感じるのであれば楽しめる。
ただし、物語としての起伏をある程度求める人には向かないと思います。
好きになっていく過程ではなく、好きになってからという状況の話がメインなので、好きになっていく過程を楽しむのはちょっと弱い。既に好きになってる女の子が可愛いっていうのを感じさせることを追及した内容と考えて下さい。
不満点ばかりあげてますが、お気に入りはずばり各キャラ告白のシーンです。誰がってことはなくてみんな好き。
どういう場面でどう告白するのかってことに関して、凄く考えられてるんだとわかります。


グラフィック
綾海しろ、さより、季月えりかの3名がメイン原画ということですが、そこそこ有名ってレベルの方々を集めた感じかなーとは思います。
本作品における「可愛い」ってイメージを出せる原画さんを引っ張ってきたってだけあって、問題ないレベルだと思います。
背景も特にいうことない。他のところではそんなに力入れてないのに、一部ネタのシーンで頑張ってるのには笑ってしまったし。


音楽
基本的にドタバタした雰囲気を出す音楽が多くて、作風通りではあるけど、パターンが少なくてもうひと頑張りして欲しかったなぁっていう気もします。
OP曲は勢いのあるよい曲だけど、あんまり印象には残らないかな。
音楽は全体的に悪くはないけど、曲ごとのメリハリが弱いから、明るくハイテンポなものが続くとちょっとウザく感じるかもしれない。
声優も特に言うことないけど、三つ子にわざわざ三人とも違う声優を配役させるという妙なところへのこだわりに感服ですわ。


総評
お話はコンセプト通りでとても満足ですが、だからこそ物足りないところが気になります。
まず、コンセプトで出てた「ツブヤッキー」があまり機能していない。「ツブヤッキー」で交わされるやりとりが壊滅的につまらないことが問題かなー。メインの4人という閉ざされた世界だからネタも広がらないし、せめてサブヒロインまでフォローしてくだらない話を広げればよかったのかな。そんなのは時間的・予算的に無理だったんだろうと思いますが…。でも、こういうネタをやるならそこまで本気で実装しないとつまらないということなのかもしれませんね。
次に「ラヴジャッジメント」も最初は楽しいけど、パターンが画一的すぎてすぐに飽きることももったいない。キャッチするタイミングで展開が変わるとか反応が少し変わるとか、キャラ毎にキャッチやリリース時の反応の台詞を変えるとか、そういうあとほんの少しだけの工夫が欲しかったわけで。悪くないけど残念だなぁと思います。
最後のコンセプトの「アニメーション」は苦労の割に読者が気にしてくれるのかわかりませんが、私は結構好きです。涼の腕がすっと動くところとか。でも、一番はみみ先生が頭をかきむしるアニメーションかな。あれには大爆笑だったので、アニメーションは入れて正解だったのではないかと(笑。
あと物足りないのは、音楽のところで触れたけど、BGMのパターンが物足りない。
もはや言いがかり的なところもあるけど、楽しい作品だっただけに、もう一歩上の楽しさを追求して欲しかったという、ちょっとした欲求不満が残っちゃう内容でした。

コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。