So-net無料ブログ作成
検索選択

プリズム◇リコレクション! レビュー [ゲームレビュー]

プリズム◇リコレクション!(クロシェット

おっぱいゲーなのは覚悟してたけど、カメラゲーだとは知らなかった。


シナリオ
基本的にはドタバタなラブコメです。
観光案内がメインの☆☆☆部のメンバーによる日常会話な共通部分は雰囲気良かったと思います。
さらに、そのキャラと付き合うまでのもどかしい感じまでは好き。
でも、その後が気に入らない。一人ひとりに物語的な展開はあるのですが、そこと物語の終着点が合わない。
わかりやすく言うと、ここで起承転結の「結」かな?と思ったところから、また日常とイチャイチャが始まるんですよ。
その後にもう一山あればいいんだけど、そのまま終わっちゃうし。
シナリオ構成を気にして読む人であればあるほど苦痛かな?と思ってしまいます。
その代わりに、キャラとのイチャラブ成分はかなり濃いので、そっちに重きを置いたのかな、と。

紗耶香シナリオは物語的に読む分にもよかった。
雛乃シナリオ、このかシナリオの核の部分はよかった(ただし、余計なものも多かった)。
アイナは逆にシリアスパートが邪魔だったように思います。ああいう娘こそイチャイチャしてるだけでいいじゃん。


グラフィック
原画はしんたろーさんですが、クロシェットのもう一つのラインの御敷さんの絵に引っ張られてるんじゃないかっていうバストサイズが激しくバランス崩してます。
主人公がおっぱい好きって設定だし、それに合わせた形なのかなーと信じたいところです。
体のバランスは悪いけど、表情がコロコロ変わる表情差分に好きなのが多くて、そこはかなり満足しています。
特にアイナの目線そらした表情とか雛乃のあきれ顔とか結構好きだったり。


音楽
基本BGMはドタバタ日常を表すものが多くて雰囲気よいです。
声優に関しては凄くよかったと思います。雛乃の声とアイナの声は特によくはまってたんじゃないかと。
紗耶香は夏野さんがやってくれたからこそ、うざくなりすぎず適度なイメージを保てたんじゃないかと思うくらい。


総評
この作品を自分が評価している部分は、「世界」というか図南市を大事にしていることに尽きるかな。
紗耶香シナリオは正に写真を使ってそれを上手に「生まれ育ったこの土地が好き」っていう感が出てたと思いました。
他のシナリオでは、物語としては悪役になる側の表現が雑で、がっかりしてしまう。しかも、その話が終わった後はまたイチャイチャ続けるので、どこで終わるのかわからんってところがよくない。
主人公と一体化して、このイチャイチャワールドを楽しめるタイプの人ならいいと思うのですが、そうでない限りは結構辛いのではないかと。
これも自分の好みの問題ですが、台詞の途中で立ち絵がコロコロ変わるのはプレイヤー目線として優しくない。文字とキャラの表情をいったりきたりすることになるからきつい。
オートモードでゆっくり読むのにはいいのかもしれなけど、自分のペースでクリックして進めたい派には優しくないと思います。
キャラとしては、初音さんと多英さんが好き。

キャラゲーとしては楽しいことは楽しいんだけど、基本的に平坦な話でしかも長いので、最終的には疲れたというのが私の結論。物語としては微妙だし。
誰かキャラが気に入れば一気に評価は上がると思うけど、自分にはそこまでのキャラはいなかった。

コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。