So-net無料ブログ作成
検索選択

2012年で気になった美少女ゲームムービーリスト [ムービーまとめ]

今年のまとめ企画として、お気に入りエロゲムービーについて書きました。
基準としてはいまじならっく(伊頼さん)のところと合わせて、2011/12/11~2012/12/10までの期間に公開されたムービーとしています。
リンク先では、ムービー投票なんぞやってますので、興味のある方は是非投票していくとよいかと思います。

うちなんか見るよりほかを見ましょうということで参考リンク
梟が勝手に決める2012年エロゲムービーランキング(くたばりかけの梟は何を観る)
2012年 美少女ゲームムービー10選(いさぎなん)
2012年マイベストエロゲムービー(ErogeTrailersブログ)

それでも見るんなら続きからお願いします。



今年は順位つけるのはやめにしました。なんでかって言われると、これ以上絞るなんて無理だから、です。
ともかくまずは特に気に入った7つのムービーからどうぞ。
作品情報は公式サイトかErogeTrailersのリンク先にまとまってますので、ここでは割愛しています。リンク先をご活用くださいませ。


■『終わる世界とバースデイ』OPデモムービー(コットンソフト
ErogeTrailers
ここ数年作風が固定されてて上位に入れることの少なかった神月社氏のムービーが気に入るなんて、なんてー。
第一印象は黒っ!こんなムービーを作るなんて気がくるっとる!って思いました。
こんだけ白黒に関わらず、キャラ紹介のキャラクターだけアニメーションかつ色付きというところもインパクトあります。
これって作風は重いけど、キャラクターは軽いってのをイメージしてたのかなとか深く勘ぐってしまう。
作品に合わせたいいムービーだと思います。
買うかどうか迷ってた時に購入を決めたのがこのムービーだったというのも私的BESTに入れた理由です。



■『流星☆キセキ ‐Shooting probe‐』 インプレッションムービー(ユニゾンシフト・アクセント
ErogeTrailers
なんてことない演出付のスライドショーだろうって感もありますが、音に合わせて言葉とキャラクターをあてはめていく感覚が絶妙だなーと思いました。
作品タイトル通り星形の演出が多いですが、少しずつ変えてて飽きないようになっているところも心憎い。最後は流れ星流れすぎぃ!



■『ティンクル☆くるせいだーす-Passion Star Stream-』OPムービー(Lilian
ErogeTrailers
このムービーのどこがいいかといえば、非常に立体的に見えるように作られているところだと思います。
手前にくるものと奥にくるものをどうするのか、そしてどう見せたいのか意識して作ってるからメリハリがついてるんですよね。



■『第二音楽室へようこそっ!!』 ムービー(WHEEL
ErogeTrailers
25秒付近のタイトルの演出。1分付近のチュウのエコーかけるところに合わせたキャラ入れ替わり演出。1分50秒頃のジャンピングの歌詞が入る前後。
この3つが気に入ったので合わせ技で一本ってイメージです。
そして、二分を超えるムービーって飽きさせないようにするのが大変だと思うのですが、よく作られていると思います。とは言っても後半はやや力尽きてる感あるけど。
(※公式サイトでYoutubeアップしていないので直貼りしません…)


■『DRACU-RIOT!』OPムービー(ゆずソフト
ErogeTrailers
ろどさんのムービーはいつも作品をプレイしてから見るとよりわかるように作られているから、ゲームをプレイする前と後では評価が変わりやすいのではないでしょうか。
ここに入れた理由はアニメーションではありません。言い方悪いけど、この程度のアニメーションなら今時の人は見飽きています。
私が評価したいのは、ゲームプレイした後にみると、ああこのシーンは作中にあったと思わずニヤリできるところにあります。ただ見栄えをよくするアニメじゃなくて、作品の雰囲気に根差したアニメーションだから好きです。
内容をわかっている人が作れるというのは内部社員がムービーを作る強みっすよねー。
ただ逆にそういった部分のせいで、せっかく深く考えられて作られたムービーにも関わらず一見の評価が微妙になりがちなところも否定できない…。



■『イモウトノカタチ』オープニングムービー(Sphere
ErogeTrailers
セールスポイントは絵周りだからこそキャラクターと背景絵をいかにして綺麗に見せるか、という辺りが徹底されてたと思います。
静かなムービーでも見せ方が綺麗だったら気に入るのが私の特徴なんだけど、そこを上手くついてるんです。ほんと綺麗なものを綺麗なまま見せるの大事。



■『グリザイアの迷宮』OPムービー(フロントウイング
ErogeTrailers
URAさんのムービーにしてはややおとなしめな印象?それでも焦点を固定させないように常に動いている感はありますね。
いつもURAさんムービーでは言ってることが同じ気もするけど、ただ動かすのではなくて、動かし方にリズムがあって、早く動かすところとゆっくり動かすところのメリハリをつけることによって、見ている人の気分を良くさせるところが凄いと思っています
(※公式サイトでYoutubeアップしていないので直貼りしません)



次点だけど、コメント残しておきたいムービーを引き続きどうぞ。

■『サナララR』OPデモムービー(ねこねこソフト
ErogeTrailers
のぞみおでこ(笑)
キャラクター紹介のところまではいいなぁと思います、特に正面向きだけじゃなくて向きが違うキャラがいるのはいいなぁと。三重野涼の斜め後ろアングルや南方ひかるの横向きアングルの立ち絵を持ってきたところは好感持てます。
ただし、CG紹介部分がただの退屈な羅列になってて後半飽きるところがもったいないかなぁと思いました。そういう意味ではサナララR CMムービー(YouTube)の方がよくまとまっているように見えたともいえますな。


■『桜ノーリプライ』OPムービー(onomatope
ErogeTrailers
全体的に動かし方とエフェクトのバランスが絶妙なのはもちろんですが、最もインパクトがあったのは59秒辺りの手に「すき」って文字が出るあの一瞬。それが気に入りに入れた理由の全てです。一瞬音が消えるタイミングに入れたのもインパクトが増したのですばらです。



■『さくら、咲きました。』PV (SORAHANE
ErogeTrailers
OPとPVがあるんですが、私はPV好きです。でも、OPは嫌いです。
PVの何がいいって桜をふんだんに使った背景ですよ。あの背景見てるだけで癒されます。ほんとにこんなに桜の木が一面に咲いてる場所があったら行ってみたい。



■『屋上の百合霊さん』デモムービー(ライアーソフト
ErogeTrailers
いかにも低予算で作った感はありますが、本作品がどういう作品なのかを実直に見せているところが好きです。
ムービーは技術だけじゃない、コンセプトがはっきりしていれば大した技術を使う必要はないと思わせてくれるムービーです。



■『おたマ!~おたく仲間はちっこいマニア~』 デモムービー(ユニゾンシフト・アクセント
ErogeTrailers
どちらかというとデモムービーの後の特典紹介のところが好きだったりします。
最後のサントラ紹介の立ち絵の手のポーズが面白すぎて笑ってしまったわ。



■『ゆめいろアルエット!』デモムービー(mana
ErogeTrailers
作り方としてはデモムービーというよりMADムービー的だなぁと思いつつ。
文字が多いのが特徴的。歌詞の言葉を演出に入れるところや本にしおりを挟んでいく演出もMAD的だと思いました。
しかし、KOTOKOさんが往年のI`ve的な感じで歌うと、10年前はKOTOKOさんのこんなボーカル曲のエロゲたくさんあったなとか思っちゃう…。私もおっさんになったなーって思う瞬間…。
さらに、昔ながらのVA臭がやばいと思って調べたらシナリオライターは魁さんだった…。もうこれ以上は何も言うまい。



■『いろとりどりのヒカリ』OPデモムービー(フェイバリット
ErogeTrailers
特筆するところはあまりないのだけれど、エフェクトの使い方が上手いなと思いました。
水滴様エフェクトと十字の光エフェクトを場面の切り替え時に早く遅くリズムに合わせて使っているおかげで、凄くテンポよく見えるなぁーと思います。
(※公式サイトでYoutubeアップしていないので直貼りしません)



そして最後に番外編。

■『桜花センゴクPortable』 新規オープニングムービー(Alchemist
ErogeTrailers
PSPのため、番外編にしています。)
動きが不規則に右左右左と動きながら後ろから手前に寄ってくるキャラ紹介部分の演出が凄く好き。



■『大図書館の羊飼い』OPムービー(オーガスト
(体験版の中でムービーは公開してるけど、ムービー単体では今のところ公開してないので番外編にしました。私はここで書いておかないと書く機会がなくなるので書いているに過ぎません。このムービーは作品の流れで見ることを推奨します)
ゆずソフトのドラクリもそうですが、社内にムービー作家がいると、作品のことをきちんとわかって作るので、作風とムービーを合わせるが上手いことが多いなぁって思います。
キャラ紹介のシルエット演出が凄いと思いました。アニメーションとシルエット演出を合わせるだけでこんなにも映像生えするんだーって感心してしまいました。
アニメーションもただアニメってだけじゃなくてきちんと躍動感あるものに仕上がっているので好感持てます。
(※上記理由により、Youtubeリンク貼りません)



今年は文章がめっちゃ長くなってしまった…。
ここまで読んだ方がいたらお疲れさまであります。
過去のまとめリンク
2011年で気になった美少女ゲームムービーBest10
2008年お気に入りムービー Best10
2007年お気に入りムービー Best20
2006年お気に入りムービー

コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。