So-net無料ブログ作成

さくら、咲きました レビュー [ゲームレビュー]

さくら、咲きました(SORAHANE

50億年に一度の春になるゲームをクリアした。
前作の『AQUA』も好きでしたが、今回はまた少し違った意味で好きな作品になりました。



シナリオ
前作と比較するとわかりやすいと思うので、そういう書き方にさせてもらいますが、シナリオに関しては尖りを随分と削ってマイルドにした、という印象。
「理不尽」を少しだけずらすと「ご都合主義」になると思っているのですが、今回は期待していたより「理不尽」がなくて、期待していた以上に「ご都合主義」が強かったように思います。

もう一つ欠点をあげるとすれば、一作目以上に世界観の作り込みが甘い。メインテーマは「幸せ」や感情論にあるとしても、この場合は舞台がどこまでが現代寄りのままでどこからが未来的なのか、その境界線が凄くあいまいなので、読んでいて「この世界のことがわからない」という印象が強いです。
今までの作品(『Bye』と『AQUA』)も世界観は甘かったですが、そこを気にする余裕がないくらいに不幸が先に立っていた。今回はそれらよりは恵まれた環境にあるので余計に気になってしまったかなぁと思っています。

キャラクターに関しては愛着の持ちやすいキャラクターになっていてよかったと思います。今回はみんな好きだといっていいくらい。キャラクター間の通常会話も楽しかったです。個別ルートに入ってからもキャラクターの可愛さと心理描写がしっかり出ていてその辺りは本作品の長所になりえるところだと思います。
あと、一部えちぃシーンで笑わせるのはひどい。前作にはこんなお笑いはなかったと思う(褒め言葉)。


グラフィック
原画、背景に関しては1作目とそれほどクオリティが変わらなかったといっていいのかな。ハイクオリティだと思います。背景の桜が綺麗すぎて見惚れちゃうっす。
キャラ絵に関しては、ちょっと癖の強い判子型の絵ではあるけれど、自分はそういう絵は結構好きなので不満ないです。


音楽
BGMもよかった。春の雰囲気なテンポのよいBGMが多かったように思います。アクの強い曲はないので記憶には残りにくいですが、BGMとしてはかなり数も多い方だと思います。
ボーカル曲は、今回も月子さん多いですが、今回は全部月子さんではなく侑樹さんも。
声優も特にいうことないっす。つばめとすみれは声を張り上げまくりで大変そうな役だよねぇと思いましたが(笑


総評
思ったよりも尖りがなかったのは残念ですが、今作の方が圧倒的に楽しかった。
以前より尖りがなくなったと言っても、ここのメーカーの作風を知らずに絵と公式の世界観だけ見て買うとOops!と思うくらいには感情を揺さぶられる作品になっているはずです。
ヘビー度は足りないけど、そのかわりに楽しかった度では期待以上のものに仕上がっていて。若干もったいないと思いつつも、これはこれで好きだから不満ってわけではなく。複雑な心境なのです。
一作目よりは人に勧めやすいゲーム。ただ、これ以上はライトにならないで欲しいなぁという個人的見解はありますが、それがどうなるのかは将来三作目のレビューを書くときに明らかになるか。

コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。