So-net無料ブログ作成
検索選択

屋上の百合霊さん レビュー [ゲームレビュー]

屋上の百合霊さん (Liar Soft)

やべぇ。クール!で痺れる!
陽香じゃないけど、主人公の結奈がクールに状況を良い方向に変えていくところが凄い。凄く好き。

シナリオ
単純に言ってしまえば、百合に目覚めそうなカップルを陰ながら誘導してカップリングさせていくという内容。
でも、作品の概要がどうこうというよりも、登場人物一人一人が何を考えてどういう行動をとっているのかを楽しむところに重点を置いています。
その行動の結果、行動をしたキャラはどう思っているのか、そして別視点から相手方はどう思っているのか、それがこれ以上ないくらいに丁寧かつ繊細に描かれているところがよいと思います。
女子校であり、男性は出てこないし、シーンは全般的に軽め(作風重視?)なので、肉体的な絡みには期待しない方がよろしいかと。
ただ、繰り返しにはなりますが、精神的な絡みにはこれ以上ないくらい丁寧な描写がされているので、そういう女の子たちの感情の揺れを存分に楽しめます。

グラフィック
原画はPegさんという、私は初見でしたが、作風に合った絵だと思う次第。
雰囲気的にはエロゲ主流の判子絵でもなく、目を大きくしすぎるわけでもなく、イメージとしてはキミキスとかアマガミとかの感じに近い系だ、と思いますが。
塗りもこの作品には合っているかと思います。


音楽
本作品の欠点は音楽周りが弱いってことに尽きるかと。
日常で流れる音楽に飽きるし、クール系の主人公にア、ハァ~♪みたいな陽気な音楽が合わないと思ってから、作品の内容よりも音楽に気をとられる感じがしてしまい、そこはよくなかった。
ボーカル曲はRitaさんであり、こちらは好きなので特に言うこともない。
ボイスはパートボイスなのは構わないんですが、声に違和感を感じるキャラが多いような気がします。フルボイスならそのうち慣れてくるのかもしれませんが、ボイスのコレジャナイ感も結構きつかったところ。多分ボイスのないところで、自分なりの脳内の声が出来上がってしまい、それがパートボイス部分で違うと思わせているだけだとは思うのですが。
あとは、一人の声優に二つ以上の役というのがいくつかあったからかもしれません。そういう意味では半端にパートボイスにするくらいなら、ボイスなしでもよかったのかもしれません?
しかし、主人公の結奈のCVかわしまりのは素晴らしかった。それだけは言っておきたい。


総評
実はLiarSoft初めてだったので、イメージ的に奇抜なことしてくるんじゃないか感があって、やる前は不安でした。しかし、本作は非常に恋愛に関して正統派(ジャンルは特殊ですが)だったので、凄く楽しめました。
シナリオ的に「あっ」と言わせるようなものが流行る風潮にはありますが、日常に大したことが起こらなくても細かい感情の揺れ動きで恋愛に発展していく丁寧な作風もいいなぁと思う。
どのカップリングが好きかと言われたら、それぞれ特徴があってどれも好きですが、ロックな陽香さんとクールな愛来との不思議と波長の合うところが一番いいなぁと思いました。バカっていいよね、と思うのは私自身がちょい愛来寄りな人間だからかもしれんけど(笑
一番好きなキャラと言われれば阿野さん。メガネでふわふわした外見もそうだけど、友達の結奈のためにさりげなく協力しているところが好き。
好きになるシーンやキャラは人それぞれですが、よくあるような悩みをそれぞれのキャラが抱えていて、それを解決していく様子にどこかで「いいなぁ」と感じるんじゃないかと思います。

コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。