So-net無料ブログ作成

翠の海 レビュー [ゲームレビュー]

翠の海 (Cabbit)

こういうのを読むと、楽園って何なんだろうって思っちゃいますね。



シナリオ
館という閉鎖空間の秘密を解き明かしていくミステリーな要素もありつつ、それぞれのキャラクターが可愛いという、キャラゲー要素も大いに含んでいます。
実は、双子と沙羅がとても可愛かったりするし、それぞれの事情がわかってくると見えるものもあるし、楽しんでプレイすることができました。
ただ、どちらかといえば秘密を明らかにして、そこで新たに発生した人間関係を描くところまでに力を入れていて、その後の解決策(終盤からエンディングへの流れ)がちょっと雑だったのが気になるところ。
だから、からくりがわかるところまでは面白いと思えるのに、読み終わった後に物足りなさを感じてしまう。
そういうことなんじゃないかなーと思っています。
あと、ムードゼロからいきなりえちーなシーンに突入していることが多くて、数年前までなら許されたけど今はどうなんだろうこの流し方とは思いました。


グラフィック
原画はゆき恵さんとさえき北都さんという時点で勝ち組な感じが。特にゆき恵さんはイマドキ可愛いと言われやすいキャラ造形をなさる方ですし、さえきさんは言うまでもないかな。
ちょい大人っぽいキャラはさえきさん、小さめのキャラはゆき恵さん担当って感じで分けたのも面白いかな。
背景は館周りは揃っていたけど、それ以外は若干…という面もありますが、大きく気になるレベルじゃないのかなーとも思います。


音楽
音楽は正直いってあんまり目立たなかったかと思います。
静かな作風なので、それに合わせたといったところでしょう。
声優的にはどうなんでしょう。自分がやるゲームではそんなに巡り合わない声優さんばかり(一部を除く)だったので、聞いたことない声が多いなーくらいな印象。
特段上手ってわけでもないけど、オフにしたくなるくらいダメでもないという感じ。


総評
若干のシナリオの展開の強引さを感じるものの、ミステリー要素とキャラゲー要素の二面押しが気に入っているので、私の中では評価高くなっています。
キャラでいえば双子と沙羅が本当可愛すぎて、もっと掘り下げてくれればいいのにーと思うくらい。
ミステリー要素でいえば、もったいつけてた知紗(笑)とか関わっちゃいけないレベルの真希奈とか。
バッドエンドもいくつか用意してあって、うーん?と思うものも多い(「終盤からエンディングの流れが雑」というのはここでも言える)ですが、「野菜生活始めよう」(内容と関係なく私が名づけた)エンドのはっちゃけっぷりにエロゲっぽくていいやと思った自分がいます。
そう、エロゲは自由なんです。

エロゲ+ミステリーってジャンルは失敗することが多い中で、これは本当に「エロゲ的に」ですが、とてもよく出来てますよ。
気になってるんだよなーと思ってる人は、私があげた欠点を補って余りある面白さを得られると思うので、手にとってみることを勧めます。
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。