So-net無料ブログ作成

いきなりあなたに恋している レビュー [ゲームレビュー]

いきなりあなたに恋している(

いきなりあなたに変態しているゲーでもあったような…。

シナリオ
もうちょっと何かあるのかな?と思ってたけど、何もなく終わってしまった感。コンセプト通りにあまり捻らない作りにしたのかなーと思います。ケロQ&枕に対する先入観がない方が素直に楽しめそうなゲームだとは思いました。
いきなりハーレム状態から始まるわけですが、そこには理由があることがわかるように作られていたのは丁寧だと思いました。序盤は特に主人公が凄く罵倒されるわけですが、そこには罵倒するしかない理由も隠されていて、そういう意味では絶妙な作り。
しかし、後半になると個別の話になっていき、二人の閉じた世界になっていくのは、そのキャラの魅力を引き出せるという意味ではよいのですが、序盤をハーレム展開にしていた意味はあったのかと、シナリオのコンセプトに疑問を持ってしまいました。

もったいない…。

話は結構キャラ毎に違いがあって、シナリオ分担制ってこともあるのでしょうけど、涼と鬼ヶ瀬さんシナリオは、枕ゲーだなって印象でしょうか。
紡は可愛くて、詠歌は最後まで詠歌だったなーっと。それぞれのキャラ設定と見せ方が上手い(詠歌以外)みたいなところです。紡なんて大した話にしようがないのに、あの展開には負けた、というか大笑いしたわー。ああいうくだらなさは大好き。

グラフィック
原画は梱枝りこ、karoryの二人体制でケロQ&枕のセカンドライン的な印象が。
特別良かったCGもないといえばないですが、立ち絵とイベントCGのバランスがよいというところで不満はない。
ところで、主人公がイケメンすぎて生きるのがつらい(笑)
あと、ペリーさん…無駄に凝りすぎだわー…

音楽
特別に印象に残る音楽はなかったかなーっと。あんまり曲数も多くはないし、平均的くらい。
OP曲は好きですが、ED曲はあまり印象が残らない。
声優は文句ないですねー。特に、メイドさんのかわしまりのさんが最高や。

総評
普通に良作だったとは思うのですが、シナリオのところにも書いたとおりに、ハーレムゲーってことを生かしきれてないんじゃないかなーってところが気にかかりました。
主人公が不当にいじられるので、そういうのが嫌いじゃなければ、すんなり楽しめちゃうんじゃないかと。
逆をいえば、いじられなきゃいけない理由があったわけで、そういうやり方でバランスを保たざるをえないことが、主人公がハーレムに対してやや怠慢な部分なのかなーとも思わなくもないけど、そこを突くのは野暮か。
いつになったらシーンが来るんだよってくらいに、みんなギリギリの攻撃をしかけてくるので、かなりじらされた感もありますが、そんな欲求不満は個別ルートで爆発するので、そういう意味ではみんな可愛くてキャラクターゲーだったなぁってところです。

コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。