So-net無料ブログ作成

すきま桜とうその都会 レビュー [ゲームレビュー]

すきま桜とうその都会(proeller

都会にきたとこかい…なんちゃって。
相変わらずめんどくさい話で、私好みでした。


シナリオ
今回もまた七烏未さんの得意そうなテーマが
ぐだぐだした言い回しをしながらめんどくさい話を展開していく流れとか、日常が相変わらずつまらないとか、色々ありますが、なんのかんのといってこの回りくどさが好きなので、満足度は高いです。
テーマである「うそ」を利用した色々なネタが散りばめられていて、ちょっと暖かい気持ちになれる、そんなお話です。
花珠の話にはギリギリまで騙されたし、ちょこはわかってたけど主人公が騙されてて楽しかったし、咲良はこの話の中心キャラですし。音々と霞は凄く可愛いし。

グラフィック
原画はrefeiaさん。典型的な一枚絵CGが映えるタイプの人かしら、と。立ち絵も好きですが、一枚絵にどのキャラも凄く気に入ったイベントCGが一枚以上あったので、そう感じているのかも。
絵の雰囲気が違うキャラがいると思ったら、伊藤宗一さんも関わっていたりして。
背景も綺麗でして、「うそ」だーって思えちゃうような整った背景ってのもよかったりして。

音楽
音楽は弱めで印象に残るBGMは少ない印象。「優しい」世界だからこそ敢えて弱めな音楽を中心にしたのかなと考えられます。
オープニング曲も雰囲気いいけど、印象に残りにくいかも。むしろ、エンディング曲の方がイメージは残りやすいかと。
声的には特にないけど、有栖川みや美とまきいづみってーのはなんとも。

総評
とりあえず、今までの七烏未さんゲーであるところのStarTRain、絶対幸せ宣言、ネガゼロ辺りを気に入っている人がいれば、この作品もやって気に入るかとは思います。
気になるところとしては、たまに演出過剰で、大事なシーンなのに吹きそうになったのはきっと私だけだよね?
共通が相変わらず(自覚的に)滑っている話ばかりなのはどうなのか?と思わなくもないですが、今までよりはよくなっているかな。
シーンにはあまり期待してなかったけど、2~3回用意されていてそれなりによかったかと。
全体の話としては、「うそ」を利用したテーマの配置が凄く好きで、ちょこと咲良の話に反則だわーと揺さぶられたわけで。

このレビューでのべた褒めっぷりが優しいうそだとは言うつもりはないのですよ(笑)
うそがテーマの作品だから何を書いてもうさんくさいね!
とりあえず、7月になったら、シスコンパッチが公開されるらしいので、それも楽しみ。
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。