So-net無料ブログ作成

こんそめ!~combination somebody~ レビュー [ゲームレビュー]

こんそめ!レビュー(SilverBullet

努力、友情、勝利。昔から変わらない黄金のトライアングル。シナリオ
日野さんメインのシナリオというのはるい智以来だったんですが、序盤は本当に先が見えなくて読むのも辛かった。なので、序盤に感じた印象は緊張感ゼロのるい智って感じでした。

話としては、よろず屋稼業に憧れた主人公恭太郎が変な人を仲間にしていって「こんそめ」を立ち上げ、クエストを解決していくだけ。
序盤は本当にじっくり「こんそめ」メンバーがクエストを通じて仲良くなっていくのを描くので、読んでいる方は話の進まなさに、今後の展開の見えなさに辛い思いをします。

そこを乗り越えさえすれば、待望の個別ルートが待っていて、事件の規模も大きくなり、このために序盤の土台があったのか…とは思います。

それぞれのキャラとのラブラブっぷりは結構楽しかったです。特に吉佳ルートが楽しかった。
そこはもう、ムッツリスケベな天然ジゴロ系の恭太郎くん、さすがです。

一つだけいえるのは、これからやる人がいたらスィエを最後にやること。これに尽きる。
もう一つ吉佳→紺乃の順番でやった方がいい。燐と竜子は独立しているので最後以外ならどこでもよさそう。

個人的な感覚だと、吉佳→紺乃→竜子→燐→スィエがいいかな?と思います。ただ、スィエを最後にしておけば他はそれほど大事じゃないです。
ルート制限はなかったので、作者的にはどこからやってもいいって判断なのでしょうけど、ある程度制限つけてもよい作品だったようにも思います。

グラフィック
原画は犬洞あんさん。メリハリは大きくないけど、バランス的に落ち着いていて好き。
一番好きなのは照れた吉佳さん。

音楽
ボーカル入れて21曲。それほどBGMに目立った点もなし。
個人的には、OPボーカルのcombination somebody!が好きです。いぇい、いぇい!
声優も基本的に不満なし。個人的にCV北都南は明るいお姉さんが似合うと思っているので、ハマり役だったかなーと。


総評
つまらなくはないけど、決して面白いともいえない話が続く前半部分。
個別ルートでは、今まで逃げていた問題をみんなの協力を得ながら解決していく、という作品テーマに沿った綺麗な話の流れがとても気に入りました。
それはそれで面白かったんですが、すべてが解決していないで、あげくの果てには最後に謎を一つ増やして終わるという…小骨が喉にささった感じが残る本作。
推測はできるし、確かに「こんそめ」ヒロインについては完結しているので未完成ってわけじゃなくて。
ただ、幾人かの気になるサブキャラがいるので、続編作って明らかにしてほしいなぁーっと願うレベルで。

あのドラ○エ風ステータス変化、最後はどんなパラメーターになったのか教えてくれてもいいのに…。
結果的にいらなかったし関係もなかった作中のパラメーター表記でしたが、そういう無駄なところに力を入れたスタッフのバカさっぷりが凄く好きです。

ちょっと変わった(ひねくれた)切り口から「友達」「仲間」について触れてみたい人に勧めたい。
あとは、キャラ設定をみて吉佳さんが気になってるんだよーって人は、メズママズマ教の教えに従い今すぐ買ってきなさい。ってところ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。