So-net無料ブログ作成

あまつみそらに! レビュー [ゲームレビュー]

あまつみそらに!(クロシェット

「……はぁ~、お兄ちゃんの匂い……」
…って序盤で言ってますからね。これは妹ゲーの匂い!

シナリオ
神様が当然のようにうちでぐーたらしている世界。
そんな始まりでえっ?と正直思いましたが、日常シーンを楽しく読んでいるうちにそんな世界も悪くないかも?と思わせる雰囲気のよさが好きです。
神奈と深景は設定の根幹に、残り3人はそれぞれのキャラクターの背景に応じて話が進んでいきます。
複数ライターの弊害か整合性のとれないところは一部であるけど、そこまで細かく指摘してもなぁって気もするので割愛。

お兄ちゃんのシャツの匂いで興奮する美唯が変態すぎて、お兄ちゃん明日も生きていける。
つれない態度だった千紗が恋する乙女モードになったときが可愛すぎる。
深景先輩のつかみにくい性格が楽しい。スズノネでいえばすみれポジションなんだけど、それをお姉さんキャラにしてやってる印象があるかな。
芹夏の告白シーンはひどかった。雰囲気のないところに無理やり雰囲気づくるところとか(褒め言葉)

グラフィック
しんたろー原画でさすがに安定しているなぁという印象。
どのキャラも可愛いなぁと思える絵になっている辺りが流石です。特に喜怒哀楽のわかりやすい芹夏の表情パターンがすごく好き。
あと、美唯の上向きおっぱい立ち絵はさすがにやりすぎだと思うところ。このゲームの見どころの一つです!

音楽
OP・ED含めてもそんなに印象強くはないかな。BGMも日常の明るい雰囲気をやんわり醸し出す、いい雰囲気だったと思っています。
声優も基本的にいうことない。深景先輩の風音さんは妙にハマり役だったなぁとか。そして、低い声の木村あやかは落ち着くのです。

総評
日常シーンの楽しそうな雰囲気を楽しいと感じるかつまらんと感じるかが評価のわかれどころか。
とにかく気になる相手から好きになる描写が丁寧で、その先の恋人どおしのシーンも丁寧であり、そういう部分を含めて雰囲気を楽しむゲームなのでしょう。
後半部分は、この舞台設定ならあるだろうなぁという流れですが、基本的に深刻になりすぎずにさらっとシリアスシーンもすぎていくので、安心安全ってところ。
そういうところも含めて、一部ではエロゲの見本みたいな内容といわれているのかも?

要求されているものを要求どおりに仕上げてくる作品って意味で、クロシェットにはこの路線を続けてほしいと思います。

最後にいいたいことがあるとすれば、もう少し優依先生の出番を増やそうよ。というか、攻略したいよ…。あと、もちろん夏帆も。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。