So-net無料ブログ作成

かしましコミュニケーション レビュー [ゲームレビュー]

かしましコミュニケーション(AXL

作品名『桃2ッ』
「今すぐ体を縮めろ。筋肉を圧縮して体積を半分に減らすんだ」
「無茶を言わないでください」
こういうギャグセンスが個人的に凄く好み。シナリオ
前の北側シナリオのPrincessFrontierに比べたらやや劣ってしまうけれど、日常の軽快さが楽しい。
日常楽しいドタバタありつつも、しめるところはきちんとしめる。
選択肢多めで、ハッピーエンド以外にノーマルエンドを用意して、という形は最近は主流じゃなくなりつつあるけど、ある種エロゲのスタンダード的なものを感じる人が多いのはこの辺りに由来するのかなと思います。

オススメできるほど面白いかと問われると、答えにつまってしまいますが。
よくも悪くも今まで以上に安定した内容なので、驚きとか特に求めてないならむしろヒットする人も多そう。

グラフィック
AXL御用達な瀬之本先生絵。
特別いうこともありませんが、SD絵がすこぶる可愛いです。犬化したエストとか、普通の立ち絵の5倍くらい可愛いから。

音楽
ボーカル入れて33曲。日常に入る明るいテンポの曲が割と好み。
またしてもキャラ毎にエンディング曲が違ったりします。AXLではいつものこと。
声優に関しても、特には。発売前はAXLなのに松田理沙がサブなことが話題にもなりましたが、エリのポジションもこれはこれでって思います。
円はそりゃあ青山ゆかりにするよねみたいな。エストはそりゃあ、あの人にするよねみたいな。

総評
面白かったことは面白かったですが、それ以上の何かはなかった。
どことなくハルヒっぽい雰囲気を感じる本作品だったりしますが、そういうところで俗っぽく感じるところが、自分にとってのマイナスポイントなのかな…。

話が進んでいくとハルヒとは全然違う北側先生シナリオらしい魅力がみえてくるので、気にならなくなるんだけどね。

象徴的なのはウルザかもしれません。登場の仕方が異質で最初は、ウルザうざっとしか思えない。
そこがコミュニケーションを通じて、本心が見えてきて、見方が変わり、長所がみえてくると印象がガラっと変わる。

言葉で表すとわかりにくいですが、そういう異文化交流会メンバーの寛容さや優しさを感じられるところが凄く好き。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。