So-net無料ブログ作成
検索選択

花と乙女に祝福をロイヤルブーケ [ゲームレビュー]

花と乙女に祝福をロイヤルブーケ レビュー(ensemble

本編が好きで、聖佳とか都が好きなら楽しめそうです。
それ以外は、気になったら買ってもいいかも、といったところ。
あと、まきいづみゲー。シナリオ
本編の作風が好きなら、再びあの雰囲気を楽しめるという意味では面白いですが、それ以上のものはないです。
都の話は、本編で足りなかったことを補足してるけど、あとはただの後日談とifのお話。
綾音さんの話はもっと重いところまで踏み込むことを期待してたんだけど、期待しすぎた。
性同一性障害ならその問題について深くつっこむこともできるのがエロゲという媒体なのに、大きく触れずで、
作風を考えれば合わないからかなぁと思うんだけど、無難すぎる…。期待しすぎてた自分がいけないけど。

グラフィック
グラフィックは本編と同じく、塗り含めて好きなので特に問題なし。

音楽
音楽はOP曲以外は本編の使いまわし。
CVも変更ないので特に追記なし。彰と晶子の話などでCVまきいづみ無双っぷりは相変わらず。まきいづみファンなら買うしかないだろうってレベル。

総評
このゲームが単体で6000円というのも、エロ担当の話に新規CGがたくさん投入されてたからってのはあるのでしょう。
この前にやったFDがスズノネセブンで、追加要素・後日談のネタとオチ含めて面白い話ばかりだったから、脳内で比較してしまったところもあるんですが、物足りないなぁと思ってしまうところはあります。
妹にえちぃシーンがない…というのも期待してた人には辛いのかなぁ。そこに関しては晶子が面白かったので、あんまり気にしていませんが。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。