So-net無料ブログ作成
検索選択

eden* レビュー [ゲームレビュー]

eden*(minori)

シオンにより、ロリコンに目覚める人が出たっておかしくないよね。
と思うくらいには可愛い、シオンの笑顔のイベントCG。
まぁシオンは100歳以上だからロリじゃありませんが。シナリオ
プレイ時間は8~10時間程度。選択肢はゼロの完全ノベル形式。
シナリオは終末の世界で、研究漬けで部屋からも出られないシオンを外に連れ出すという、シンプルといえばシンプルな話です。
そこでの登場各キャラの行動、心理面を追って主人公やシオンの心理に浸ることができれば自分のように一気に読んで楽しめちゃうと思います。
細かい感想をネタバレをほとんどしないで話すのは難しい作品ですが、公式のストーリーやキャラ紹介の雰囲気そのままな話と言ってしまってよいかと。
ただし、あらすじを追うだけじゃ感じることのできない主人公の心理変化、シオンの心理、そして二人の行動に影響を与えた周りのキャラクターの心理を追うのを楽しめると思います。一見捉えどころがないですが、最後にはわかるように伏線回収していく辺りも丁寧だなぁと思いました。

グラフィック
原画はちこたむさん。シオンのような小さいキャラが特に映える絵だと思います。
背景に関しても、前作までと変わらないminoriクオリティを保っており、とても綺麗です。
演出に関しても、立ち絵に当たるシーン含めて全て見せ方にこだわっているため、距離感や動きに
違和感なく楽しめる高水準の出来です。

音楽
音楽面も特に文句はなし。世界の終末を描く作品だけあってやや悲壮感の漂う音楽が多めな印象です。
声優さんに関しても特に不満なく。
PLUS+MOSAICの件はノーコメントにさせて下さい。

総評
このくらいは書いてもいいかと思うんですが、eden*の公式サイトで9月23日現在、キャラ紹介にはいないけどTOP画像で一番後ろにいるキャラがいます。
真夜さんっていうんですが、このキャラの登場タイミングとか役割とか、このeden*という作品を象徴している気がしてなりません。
平穏で終わるかと思われた主人公とシオン二人の世界の変化、それによる状況の再確認、その他キャラクターのその後の補完など。
他にも、両手を広げて、ちょっとテンぱった立ち絵が凄く好き。そして声優が後藤麻衣さんなことも凄く良い。
真夜がいたから、自分も複雑な心境のまま終わらなくて済んだのかなとか、細かいことはいいかなって気がしましたし。

選択肢一つもないし、10時間程度の手軽な時間で「終わる世界での最後の恋物語」を読みたい人には最適な作品でしょう。



最後にPMの必要性について…。
シーンに関しては一応4人分あるのですが、ファンディスクとかで見るような、悪く言えば無理のある展開かなぁという気がします。そもそもが、非18禁要素単体で楽しめるように作ってあり、こちらは18禁要素が欲しい人のために作ってみた感が強いかなと感じました。
一つだけ買ってよかったと思えるのは、シオンについてでしょうか。ただし、それだけのために追加2000円出すかどうかは、それこそ18禁要素をどう考えるかによる…というレベルです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。