So-net無料ブログ作成
検索選択

星空のメモリア レビュー [ゲームレビュー]

星空のメモリア(FAVORITE

キャラクターうんぬんより、天文の話、星とか隕石とか、そういうのを絡めたファンタジーが好きな人向けになるのかも。ささいな欠点あまりあるロマンの詰まった作品。

シナリオ
なかひろさんシナリオ。単独でのシナリオはやったことはなかったですが、星や隕石の話を絡めた、とてもロマンチックな話だなーと思いました。
(素直じゃないけど)可愛いキャラクターとSFやファンタジーを上手に絡めた話でした。
知識とかほとんどないですが、天文学はいつか勉強してみたいなーと思ってたジャンルだったし、星とかそれに絡めたファンタジーは個人的に好きだからこの作品を気に入ったっていうのも大きいと思います。

全体を見るとよい話なのですが、懸念材料は単調な前中盤の共通ルート(しかも長い)、若干の攻略順固定、人を選ぶ千波のウザさにあるかもしれません。
千波は最初に酷いところばかりみせつけられたので、中盤以降たまにちょっといいところがあったりすると、実はいいキャラじゃないか!?と錯覚させられるウザ可愛いキャラだった
というのが個人的印象。


グラフィック
原画は、司田カズヒロさん。
相変わらず可愛らしい絵を描かれる方で自分好みなので特に文句もなし。
キャラ絵のバランス的には、自分は衣鈴と明日歩が好き。特にコミカルな泣きの立ち絵が。
塗りに関しては、前のウィズアニバーサリィの方が好きだけど、今回の作品は
夜のシーンが多くて、そういう意味での見え方の程度差かなーとも思うので。


音楽
音楽は回想シーンを見るに、47曲(内ボーカル3曲)。OPのEternal recurrenceはムービー効果とあいまって壮大っぽいイメージを演出するのに役立ってますよね。
作中で出てくるEternal recurrence(Arrange)の入るタイミングとか凄く好きだし、日常シーンの乙女たちの放課後のメロディが好き。


総評
全体的に素直じゃないキャラが多かったのもあり、素直なキャラクターとしての明日歩が凄く可愛くみえるという不思議な感じが(笑。
こももはすぐつっぱねるし、メアはあまのじゃくだし、衣鈴は距離を取りたがるし、妹はウザいし、主人公は色んな意味で凄いなと思えてしまう。
展望台の彼女さんは、個人的にはそれほど好きじゃないですが、何か凄く人気ですよね。
話の落とし所としてよく機能していたという意味では、人気なのも当然なのかもしれませんが。


好きなキャラ:南星 明日歩
こももと同率一位くらいで好きな明日歩さん。総評でも書いたけど、この作品の周りくどいキャラが多い中、ストレートに魅力が伝わる明日歩が凄くよくみえる。実は佐本二厘の声優効果も大きいかもしれない。


好きなシナリオ:姫榊 こもも
若干のネタバレになりますが、照れ隠しに蹴りを入れちゃうのとかいいですよね。主人公もギリギリまでからかうドS具合だし…。話の顛末はある程度予想つきましたが、ここのシナリオが一番上手くファンタジー要素を使えてたかな~と感じたので。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。