So-net無料ブログ作成

HimeのちHoney [ゲームレビュー]

HimeのちHoney(ASa project

ナナの!まじかるコミュニティradio! これだけでも買う価値はあった!

シナリオ
お嬢様学園に編入してしまう超貧乏人の主人公が起こすドタバタ学園ラブコメ。
こういうゲームはああだこうだいう必要ないんじゃないかな。キャラゲーです。

何というか僕ら一般庶民が想像できるお嬢様にありそうなタイプをいくつか用意したぜ~的な。
完璧タイプ、嫌味なタイプ、清楚なタイプなど。
シナリオそのものも短めだけど、感動も得られる標準的な内容です。


グラフィック
背景の数などには特に不満なし。
キャラ塗りのべったり度が若干濃いので好き嫌い別れそうな気がします。
あと、イベント絵で表情の崩れがちょっと気になるかなー。


音楽
青山ゆかりも一色ヒカルも北都南も揃っていて何気に声ゲーでもある。
青山ゆかりにきよらのようなキャラをやらせるのはガチだし、一色の会長さんは何かCLANNADの智代を彷彿させる感じで凄く気に入ってます。

…が、その上をいったのはナナ役な北都南!
「っていうか私ツンデレ向いてなーーーい」のエコー声とかめっちゃツボにはまった

音楽は、相変わらずドタバタ系な音楽多めで、勢いで押してます。


総評
ただの萌えゲーだろーってプレイしてると、意外とシナリオがしっかりしてるので後読感がさっぱりしてます。
めいくる!に比べれば格段に進歩したと思います。
ただ、個人的には絵理栖ルートが一番微妙だったなぁ…。
気に入ったキャラは芹かと思いきや、最後にナナが。
シナリオは単純だけどきよらかなぁ。会長も心愛も綺麗にまとまっていて無難でした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。