So-net無料ブログ作成

ef - a fairy tale of the two. レビュー [ゲームレビュー]

ef - a fairy tale of the two. (minori

firstとlatterをまとめての感想というか一応レビュー。
minoriの集大成であると同時に御影氏の集大成なのかも。
テーマはありきたりではあるけど、そこに持っていくまでの脚本と演出の素晴らしさ。
それだけは誰が否定しようとも私が認めたいもの。シナリオ
1~4章仕立てで、4つの物語が微妙に絡み合いながら展開していきます。
御影氏にこのテの手法でやらせたら、やっぱ凄いわ。
妥協を許さない展開のため、かなり人を選ぶと思います。これだけは覚悟してください。

ひとつひとつのお話は、特に1章や2章はありがちな話といえばありがち。
自分がやられたなぁと思ったシナリオの流れは、
その章だけでは理解するには、ひとかけら足りない、いびつな状態で終わる。
でも、そのいびつな部分は、確実に他の章で補っている。この手法がとても上手いわけで。
3章で2章の景について補足したり、4章で3章の千尋について補足したり、2人以上の多人数を絡ませるのがとても上手い。そして最終的には、たった一つのテーマのためにここまで組み上げるのか~っと。


グラフィック
背景などは他のメーカーに技術協力するくらい、トップレベル。
イベントCGも妥協せずどんどん使うし、これだけ画像を惜しみなく使えば2つに分けざるをえないのも自分的には納得です…。
というか何がイベントCGで何が立ち絵かよくわからないくらいに全てが自然な演出であり、パーフェクトかな。
ややアンバランスなときがある、のは七尾奈留、2C=がろあ絵の違いを意識してしまうところくらいかね。


音楽
ボイス合わせの完璧っぷりに拍手。自分が完璧かと思うのは、みやことミズキか。
みやこの余裕ある(ように見せている)発言と声質が完璧。
ミズキも軽そうに見えて誰よりも背負っているものが大きくて。普通から何かを秘めているキャラが見事に合う。

音楽は、あえて邪魔しないようにか作風かどうかは知らないけど、静かなものが多く、とても綺麗。
主題歌でさえも、ゲームの雰囲気を保ちつつ。クリアしてから聞くとまたちょっと違う感じを覚えるかと。

要するに文句のつけようがないです。


総評
一言でいっちゃえばminoriスタッフは妥協しない人の集まりだと再認識。
それは、グラフィック、声優選び、システム、演出、音楽、そしてシナリオまでも。
シナリオまで妥協しないのは非常に怖いことで、efという作品はいろんな意味でやりすぎだと思うところもある。
妥協せず作ったからといってみんなが納得するとは限らないのに。 シナリオは残酷さまで(ファンタジーはあっても)妥協しないから、それが逆に刃になるかもしれない。 グラフィック・声・音楽は意外とできて当たり前に思う人も多いので、いくらレベルが高くても気づいて貰いにくいのに。

そんな高みを目指した作品だと思っています。それが成功しているかどうかはプレイしたみんなの感想次第かな~っと。私個人としては成功だと思いますよ。



蛇足として、幸せがどうとか音ちんボイスで語られると、絶対幸せ宣言を思い出すのは自分だけでいいですよね(笑。

好きなシナリオ:羽山ミズキ
これこそ、という場所で集大成を!

好きなキャラ:新藤千尋
可愛いという枠でくくっちゃいけないのでしょうけど、蓮冶の力を借りながら一歩踏み出し始める。
絶望的な状況から這い上がるところが好きなのでしょう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。