So-net無料ブログ作成
検索選択

こんな娘がいたら僕はもう レビュー [ゲームレビュー]

こんな娘がいたら僕はもう
あかべぇそふとつぅ


きわめてエロゲーの基本に忠実な作り方だと思いましたよ。
学園モノだし、ギャグ→エロ→シリアスと流れる標準的シナリオの流れ方。シリアスの方向性は違うけど「はにはに」が好きな人なら好きになれるゲームなんじゃないかなーと思う次第ですね。シナリオ

キャラ萌えありき、なオーソドックスな学園ゲームだがシナリオも感動にもっていくし、エロ分も申し分ない。
学園ゲームの基本属性は割と入ってるかなと。先生はいませんが、幼馴染・転校生・年下・姉とそろってるのでバランスもよい方かと。

話は、神様と言い張るネコみたいなやつが現れて、流れが変わっていくというイメージで。シナリオは、後半にかけてよい感じに感動させる方向へ。ギャグとシリアスのバランスのとれたゲームが好きな自分にとっては本当に当たりましたね~。

まさに、こんな娘がいたら僕はもぅ・・!と思いながらプレイ。

欠点は、前半部の選択肢で、たまにシナリオの整合性が取れてないところかな。
やったはずのことが、あたかも初めての行動かのように表現されてたりする部分が気にかかりました。修正ファイルで直ってるかもしれませんがそこまでは確認してません。


グラフィック

背景も一枚絵も立ち絵も平均的か。特に不満点はなかったので、まぁいいだろうと思います。意外と表情パターンが多いのでみてて不満点もなく。


音楽

音楽面もおおよそ文句なし。思い入れの残る曲もないけど、音楽が目立ちすぎるゲームもどうかと思うのでちょうどよいのではないかと思う次第。
OP曲はアップテンポで好きだなぁ。


総評

タイトル通り、基本はキャラに萌えられるかどうかで決まるかと。
前作まではシナリオありきで売っていたメーカーがキャラ萌えまでうまくなり始めたら手に負えませんね。
車輪の国とはシナリオさんが違うのですが、個人的にはこのテのシナリオもかなり好きです。世の中の理不尽で当たり前のことがクローズアップされるあたり、そしてお話としてうまくそれぞれのキャラの方法で解決されていくあたりが魅力かと。

声優もなんというかぴったりですよ。真帆の金髪ツインテに金田まひるという組み合わせが最高でっす。

・・にしてもパロディネタもそこそこ入っていたりしますよね。龍と虎なんて、どう見てもとらドラ・・ですよね?


こんなところでしょうか。ネタバレなしじゃ語りつくせないと思ったぜよ。


好きなキャラ:真帆=あすか 
どっちか選ぶなんて酷。ハーレムがよいって何を言わせるんだっ!(ぁ


好きなシナリオ:真帆=沙希
この2キャラはシナリオの根幹に関わるので後回しにするが吉かな?
真帆は世界観をつかむために先にやるという考えもありだと思うけど。


こんな娘がいたら僕はもう・・・!! 初回版こんな娘がいたら僕はもう・・・!! 初回版

アカベェソフトツゥ 2006-09-29
売り上げランキング : 756

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。