So-net無料ブログ作成

ARIA The ANIMATION 第6話「その 守りたいものに・・・」 [ARIA]

第6話~。

アリスちゃんは普段大人っぽい分、たまに出る子供っぽさとのギャップがとても新鮮です
(コミック5巻P40参照~♪)。


灯里「さりげない思いやりって見えないところにちょっこりと隠れてる。だから普段は全然知らずに過ごしていて でも気がつくと思いやりをくれた人の顔がほんのりみえる」 藍華「激しく見えまくるとき、人はそれを(アリス声)『でっかいお世話』という」 灯里「えー」
aria6-1.jpg

灯里「天使の歌声」第6話は、恥ずかしい台詞が少ないので、「でっかい」台詞をメインに取り上げます(笑)


aria6-2.jpg

アリス「でっかい最悪です」 アリス「実は左手がふがいないんです。最近自分の左手のヘタレっぷりに気づいてしまったんです」 アリス「でっかい問題です。だから今左手おしおきキャンペーン中なのです」


左手をさするアリア社長に萌え~(ぉ


aria6-3.jpg

アリス「アリア社長のもちもちぽんぽんがでっかいピンチですから」 アリス「そのままだとでっかい目立ちますから」 アリス「アテナ先輩はでっかいボーっとしてますから」

アリスがメインの話だと、「でっかい」台詞が多い多い。


aria6-4.jpg

灯里「アリスちゃん。左手はそれほどヘタレじゃないかもよ」

左手は気遣いの手だとでもいうのか~っ!!いい話ですね、本当に。
アリスちゃんはこの時点では気づかないが、徐々に気づいていく。


aria6-5.jpg

アテナ「歌は誰かに聴いてもらうものだから」 アリス「左手ってとってもでっかい奴でした。あたし今から左手さんありがとうキャンペーンを始めます」

アテナさんのさりげない気づかいに感動しました。そして、この話の流れ方うまいですよ~。気づかないさりげないことに気づかせてくれる。今回は恥ずかしい台詞がなくともさりげなく恥ずかしい話でしたね。


aria6-6.jpg


灯里「アイちゃん、私たちはいつの間にか誰かに支えられてるのかも。気がつかないくらいさりげなくそっとね」
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。