So-net無料ブログ作成
検索選択

穂積さやかver1.00 [あけるり日記]

さやかさんです。以降はネタバレのプレイ日記+感想です
以降ネタバレ~




なでなで~♪

なでなでCGには本当に癒されましたね~。

5月5日 話は切り上げてバイトに向かう

5月6日 姉さんの寝癖について指摘する
さやか「誤解ですからね結婚の話なんてカケラもないし子供なんてこここ子供っ!?」(笑)
さやか「ホームステイしに来る人ってスフィア王国のお姫さまなの」(ウインクさやか、ここの演出がイイ)

5月9日 パー

5月24日 少し早いけど家に帰る 姉さんに加勢する
さやか「結果オーライなら手段は正当化されるの」
でも、ミアも元気になってよかった

5月25日 家での出来事

5月27日 麻衣の出方を待つ

6月1日 フィーナかミアだったのかな 努力してる途中の姿は、あまり見るもんじゃない

6月2日 選択肢なし

6月3日 バイトや家のこと、いつも通りに過ごす 姉さんかな? 洗濯物入れのカゴの中に何か見えたような・・・?
さやか「達哉君」「ご飯抜き」

6月5日 大事をとって休むことにする 姉さんに拭いてもらう
って何考えてるんだ俺!(笑

6月8日 姉さんにお茶を淹れる

6月11日 姉さんと博物館に行ってみる
さやか「私にもう一度月に行くチャンスが回ってくるとか、ね。」
さやか「地球の人は・・・あまり月に関心がないまま過ごしてるわね」「月の人は相変わらず鎖国を続けているわ」

6月12日 朝霧家の母親役をやってもらってる姉さん

6月14日 選択肢なし
風呂上りのロクに拭いてない身体に、バスタオル一枚を巻いただけ。
フィーナ「さやか」「先ほどから、達哉が目のやりどころに困っていてよ」
さやか「そう・・・だったのね」「ううん、ごめんなさい」

6月18日 姉さんは日曜日も仕事してることが多いなぁ
さやか「しっかり立っている柱があれば、それに寄り掛かったり、引っ張ったりすることができるでしょ」
さやか「でもうちは、三人で手をつないでるだけの家族なの」
さやか「だから、三人とも隣の人の手をしっかりと持ってないと、ね」

6月21日 商店街に興味津々のフィーナに付き合ってみる

6月25日 選択肢なし

6月26日 ま、早めに帰っとくか

7月1日 選択肢なし

7月2日 すぐに一階へ降りて朝食を食べる

7月5日 人込みをぼんやりと眺めていた

7月6日 選択肢なし

7月9日 さっさと海に到着する
こんなに、誰の目から見えるところに晒してしまっていいのか、なんて考えてしまう。

7月12日 選択肢なし
さやか「フィーナ様は、館長ですから」
フィーナ「さやかに、子供扱いされたくないようね」

7月13日 選択肢なし
さやか「大人よ」「むにゃ・・すう・・」
忙しい姉さん。仕事ができる姉さん。俺の頭を撫でる姉さん。うちを支えてくれる姉さん。
無邪気にソファで丸くなってる姉さん。・・・姉さんは一人なのに、まるで何人も姉がいるみたいだ。

7月14日 選択肢なし
俺もそんな姉さんに守られるだけじゃ嫌で、男として情けなくって、恥ずかしくて、いつの間にか「お姉ちゃん」を「姉さん」と呼ぶようになって・・・

7月15日 選択肢なし
さやか「ストッキングを履き直すから」
達哉「あ、て、手伝う?」
さやか「・・・」「ぷっ」「ふふふっ・・・お願いしちゃおうかしらー」(笑)

7月21日 選択肢なし
さやか「チャンスは、その瞬間に捕まえないと逃げていくわ」
俺は、姉さんに一人前の男として見て欲しかったんだ

7月22日 選択肢なし
おやっさんが言っていた、「何事も、真剣にならないと実にならない」
という言葉が、耳の中に残っていた。

7月23日 選択肢なし
カレン「貴方が支えになってあげられると、いいですね」
少しずつでも撫でられる意味を変えていければと思っていた。

7月24日 選択肢なし
俺自身がまだ姉さんに相応しいと思っていないから。だから不安で。姉さんにすげなく断られるのが。
・・いや。姉さんのことだから、笑顔のまま、困った表情を浮かべて。

7月25日 選択肢なし

7月26日 選択肢なし
達哉「姉さんに、一人前の男として、見てほしいと思ってる」
俺はキスがこんなに淫らなものだと思っていなかった。(^^;
さやか「自分一人で支えてきたつもりになっていたから・・こんなに、近くにいた達哉君が、いつの間にか成長してて」
強いと思っていた。子供は、誰もが親をそう思ってる。でも、いつか、親だってそんなに強くないってことを知る。
俺は、俺の存在が忘れられてしまったような寂しさに襲われ、胸をまた揉み始めた。(えー!?
さやか「それに、ここは博物館で、館長室なのよ?」
さやか「達哉くんが、一生懸命やってくれてるのが、嬉しくて・・・」
さやか「気持ちよくなっちゃって・・・」
さやか「優しく、してね・・・」くらっと来た。
さやか「改めまして」「私、達哉くんのことが好きよ」

7月27日 選択肢なし
さやか「私だって、達哉くんと・・」「その・・」「キスしたり、くっついたりしたいんだから」(ぉ

7月28日 選択肢なし
さやか「一緒に、お風呂・・・入らない?」
さやか「ふふ・・・達哉くん、今日も元気なのね」

7月31日 選択肢なし
サラリーマン宅配便を運ぶ人。菜月。
・・・。
菜月!?(笑

8月4日 選択肢なし
さやか「ですが、返事は明日まで待って頂いてもよろしいでしょうか」

8月5日 選択肢なし
さやか「お断りさせて頂くことにしたいと思います」
さやか「大体、そんなところだと思ってくれて構わないわ」
さやか「家族は・・『そんなもの』なんて言っちゃ駄目よ」
さやか「絶対に駄目」
さやか「みんなが、守っていこうと思ってないと、簡単に崩れちゃうの」

8月6日 選択肢なし
カレン「達哉君にはいいたくない理由があるのかもしれません」
カレン「・・・相手の立場になって考えてみてください」

8月12日 選択肢なし

8月13日 選択肢なし
姉さんの留学に一番の障害だったお金の問題は、フィーナのおかげで何とかなりそうだ。
なぜ、姉さんがそういう行動を取ったのか、考えろと。

8月14日 選択肢なし
さやか「マグロの身が、火で真っ赤に焼けた鉄の色をしているから鉄火丼なの」
麻衣「サンドイッチと一緒で、鉄火場で食べた『鉄火巻き』からじゃないの?」
俺はもう知っている。姉さんの背は、思っているほど高くないこと。
姉さんの肩は、思っているよりずっと細いこと。
そんな姉さんが、大きく見えるほど・・・家族のため、仕事のために、姉さんが頑張ってくれたこと。

8月15日 選択肢なし
フィーナ「カレンに誰か適任の人はいない?と聞いてもさやかの名前しか挙げてくれないの」

8月19日 選択肢なし

8月20日 選択肢なし
さやか「よしよし」
満面の笑みで、俺と麻衣の頭を撫でた。
さやか「愛してるわ」そんなささやきが、俺の耳に滑り込む。

6月17日 選択肢なし
さやか「ただいま、達哉くん」
達哉「おかえり・・・なさい」
38万キロの彼方にあった姉さんとの距離が、今 ゼロになった。



感想

本当に究極の癒し系ヒロインさやかさんでしたね~。なでなでのCGを見るたび、さやかさんの笑顔絵をみるたびにほわほわ~な気分になって、みていてまったりしました~。
そんなさやかさんを好きになった達哉くんが、深く付き合うことでさやかさんの苦労を知るというとてもいい話にまとまりましたね。
さやかさんの家族に対する並々ならない想いが満ち溢れていた感動的なお話。これとは対極な感じに家族に対する想いの深さが出るのが麻衣シナリオの後半だったりするわけですが。2つ合わせて、本当のさやかさんが見えてくる感じですな~。

さやかが月に行くのをためらった理由。そして、達哉や麻衣が月に行かせようとする姿が・・もう。これを通じて本当の家族になれたと感じさせる良質なシナリオですよね。

しかし、えちぃシーンで電話がかかってきても続けるとは・・。 達哉くんって結構鬼畜だよ~(笑) おまけの制服で、達哉の「何年前?」発言で空気が凍ったのも笑い♪
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。