So-net無料ブログ作成

不定期はにはに日記を読んで [オーガスト関連]

前々から読みたいと思っていた犀の目工房さん「はにはに日記」読みました。途中から流し気味になりましたが・・とりあえず懐かしかった。

あぁ、こんなこともありました~♪あんなことも!?って感じでした。

印象に残ったもの
2003年12月2日
べっかんこう先生のマリみて好きがよくわかります
ほなみん料理部CGに「マリみて」の娘とよく似た人が!?

2004年1月20日
センター試験にはにはにが・・・

10月22日アンケート葉書書いてみました。に対して
もう忘れてるけど、自分はたぶんこんな感じだったと思う。
◎『はにはに』を初めて知ったのは?
テックジャイアン誌かOHPか?
◎『はにはに』の購入動機
なんにしたか忘れました。でも、オーガストってだけで買う気だったので。
◎お気に入りのキャラは
プレイ前【保奈美 結先生 美琴】
プレイ後【茉理 保奈美 恭子先生】
追加コメントとして、プレイ前は好きなキャラ設定順、プレイ後はシナリオが好きになった順とか書いた気がする。
◎評価
シナリオの長さ/? 丁度いい
シナリオ内容/3程良い味
原画/5ついていきます?
CG彩色/4とても綺麗♪
背景/4堪能
BGM/4 ?
システム/5 ?
H度/4人に勧める
シナリオ内容4にしたかも??
◎気になったこと、改善点 もう、覚えてませんが・・・最後に隠しのトゥルーエンドがなくなったのが残念とか書いたかも?あと、シナリオが一部ぐだぐだしたみたいな 感じを表現やわらかくして記述したはず?? ◎ストライクゾーン(苦笑) 何にしたっけ?茉理か美琴くらいのサイズだと思います。 ◎Hシュチュエーションの要望(爆) 思いつきません。って書いた気が?実際、すごいシチュの数で堪能させてもらいました♪ ◎ご意見ご要望 いい点 システムが使いやすくなったこととかキャラクターの表情パターンが増えたとかいままでおざなりだった背景も頑張ったとか 少し残念な点 選択肢形式でキャラ選択
今までは、キャラ選択画面で選んでいた。SDキャラにカーソル当てると笑顔になるんが実は好きだったので。 トゥルーエンドがない! てっきり美琴を補完すると思ってたのに、ないのにちょっとしょんぼり。 ニュアンスは多少違うけどこんな感じのことを書いたハズ。はっきり言って、すごく小さい字でつらつら書きまくったので、あの読みづらい文章をオーガストさんが読んでくれたのかは謎です。 以下続きは・・ 興味ある人いるかわかりませんがいたら犀の目工房さんの該当部と合わせて読むと私のいいたいこともわかるかも? 面倒なのでフォントとか手抜き。読みづらいですが、それでも読んでくれる人だけでいいですからね。9月30日ちひろの感想
大部分は賛同。というかここまで考えてテキスト読まなかったです。
>絆をしっかりと結び、暫しの別れ、そして数年後の直樹の卒業式の日に温室での再会……。
ここが何というか私にはネックでした。せっかく今まで盛り上げて盛り上げて来たのに、帰るそして戻ってくるだけで終わるなんて展開がラストだけ読めすぎる。わかっているラストを読むことがすっごく苦痛だった。ちひろちゃんいなくて、だから何?どうせ帰ってくるのだろ?ほら帰ってきたみたいな。
まぁ、韓国ドラマみたいにそこからまたどんでん返しでも確かに困りますが。
暫しの別れが個人的にはう~ん。ってところ。直樹はちひろちゃんと一緒に未来に行くと思ってたから。
>エンディングでちひろが《子連れ》で現われるのではと思ったのはここだけの秘密だぞ
私は妹を連れてくると思ってましたが。


10月2日茉理の感想
私はちひろは最初にしましたが、茉理はラストでした。
その辺のプレイ順の違いも感想の違いになるかも。
>むしろ、この後の末期へ向けた流れに、ちひろがもう少し絡んでいたら良かったのにな。
見えないところで絡んでいるんじゃないのかなぁと思ったり。
>エンディングの背景
まぁ、いつの間にかフォステリアナが置いてあるから絶対治ると思ったけどね。それでもしばらくは治らなかったのでハラハラしてましたが。そこよりも茉理の口紅を使ったシーンにもう少し重みを置いて欲しいと思ったり。なんかテキストであっさり書いただけで終わってしまったのがもったいない。あの場面で音楽を泣けそうなものにしたり、イベントCGで殴り書きしたようなCGでも出してくれたら絶対泣いた。でも、あれじゃあ泣けなかった。しかも、それ以降はなんかよくわかんない中エンディングの後、治って終わってしまってせっかくの名シーンになったかもしれないシーンがぶつ切りっていうのもねぇ。

10月6日結先生
結先生は3番目にクリア。という意味では同じだが私は2番目に保奈美をクリアしています。
しかし、まぁ敢えていうほどのことはないのでレス形式で。

>っていうか合意とはいえ中々犯罪っぽいな(爆)
今でも記憶にはっきりと残る名シーンです(笑)

>ヒニンしなくて大丈夫だったのかが心配でしたが…(苦笑)
ですよね。おんなじこと考える人がここにも。

10月8日保奈美
やっ、これも特に言いたいこともないかなぁ?
ウラ設定の存在に抗うというよりも、ただ単にもうなおくんを失いたくないってだけだと思ったり。それが結果として、シナリオ的に裏設定に抗っただけで。
裏設定に幼馴染パワー(幼馴染の王道なシナリオの手法)が勝ったということにしませう。


10月15日恭子先生
あんな立派な考察ウチじゃできんので適当すぎる感想を述べて終わりにします。
>……ああ、なんとなく分かる。やらなきゃイケナイのにやってない、でもそれを捨ててしまう事で大きなモノを失ってしまう恐れ。ウチのサイトなんかそれだらけだよ(涙)。
ウチのブログもそれだらけです・・・

恭子先生は厳密にお姉さんキャラだとは思いたくないです。だって、性格とかの面はだいぶ子供。そういう素性を見せられない立場にあったりするので大人ぶってるだけだと思えます。だからこそお姉さんキャラでありながら嫌いじゃない理由なのですが。どんなにがんばってもうまくいかない恭子先生を見ていると人ごととは思えないっていうのもありますが。テーマがわかりやすかったので、裏設定の話は抜きに考えるとなかなかイイ感じだったと思いました。

10月18日美琴
美琴は5番目に私はプレイ。さすがにマンネリ化してたので高速スキップしながら読みました。キャラ的にはすきなのだが、どうにもシナリオの流れ方が好きになれなかったんですよね。

>美琴のノリも良かったしシナリオの全体はこれが中心のはずなのに……語るのはこんだけなのね(苦笑)
なんていうかキャラはいいけどシナリオの重みが全く感じられず。特に保奈美をやったあとだと余計にそう感じちゃうかなぁと思ったり。
美琴を一番最初にクリアするべきゲームだったとこの時思い知りました。
プリホリとかだとメインヒロインは2つシナリオあるので、こんなヘボい終わり方しないだろうと思ったら、このまま終わっちゃいました(苦笑)。
コンシューマー版では補完してくれたのでよかったのですが。

その他の考察は、しばらくはにはにやってない自分が書けるものでもないのでコメント控えます。嘘は書きたくないし。


個人的な評価
茉理>保奈美>恭子>結>美琴>ちひろ
犀の目工房さん所と全然違う理由は、考察した分をカウントしてるかどうかだと思う。私は単純にわかりやすいものを上位にしただけですから。ちひろに関してはラストが個人的にしょんぼりだったせいで最下層へ。キャラ的には嫌いじゃないのだよちひろん。

さらにおまけ
2004年1月3日のエロゲランキング2003年度
うちではメモによるとこうなっております。
2002-2003年は私のエロゲ全盛期です(笑)

10位ねこねこファンディスク2
9位こなたよりかなたまで
8位マブラヴ
7位Routes
6位天使のいない12月
5位ゆきうた
4位朱-Aka-
3位SNOW
2位ALMA
1位月は東に日は西に

読んでくれた人がいましたらお疲れさまでした。
というよりありがとうございました。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。