So-net無料ブログ作成

パンドラの夢 [ゲームレビュー]

パンドラの夢レビュー

発売元:ぱじゃまソフト

ジャンル:学園ループアドベンチャー

お薦め度:8/10

 

2003年4月某日・・

コンプティークのCD付録を何気に見直してみると、2001年の何月号かは忘れたけど

パンドラの夢体験版

がありました。それで、おもしれ~と思ったのがきっかけで購入。

それまでぱじゃまソフトなんか、ぱにけろなんてわけのわからん落ちモノゲーを出したところくらいの認識しかなかった。

だが、しかし・・・

やってみるとすごかった!!

シナリオ

8月25日から31日を延々とループするという内容。

しかし、なんつーかダマしです。

前半は、みんな明るく楽しく過ごしています。

しかし、ループを繰り返すたびに・・何かがおかしくなっていきます。

このゲーム何気に攻略順が決まっていて

蘭→実紀→陽詩美→スウ

って感じになります。

やっていくととりあえず、蘭がおかしいことになります!

そこから、今まで明るかったシナリオが一変、めっちゃシリアスになります。

ぶっちゃけ、明るいかと思ったら鬱ゲーだったってやつ。

気分が落ち込んでるときはやんないほうがいいです。でも、そうじゃない人は是非やってみて。面白いんだなぁ♪

 

システム

本当にコレ2001年に発売されたのかと問いたいくらいすごい。

システムは漫画の吹き出し調の台詞の出し方、イベントCGを頻繁に動かすなど、

当時としてはすごいことをやっていたんじゃないでしょうか?

音楽に暗いのが多いのが鬱を助長させるけど、ゲームの雰囲気には合っていたと思います。

 

キャラクター

橘蘭

蘭「ここで会ったが100年目って言葉知ってる」

唯人(主人公)「何だよそれ」

蘭「絵は後でも描けるけど、サッカーボールは今じゃないと蹴れないのよ」

唯「脈絡つながんねえよ」

蘭「命短し恋せよ乙女っていうでしょ!」

唯「お前のいうことわけわかんねえよ」

蘭「お父さん、お母さん。先立つ不幸をお許しください」

唯「勝手に俺を置いていくな」

こういう意味不明にギャグばっかり言うほど、シリアスになるとつらいですよ・・。

最初に蘭なわけで、これできつ~と思ったが、こんなのまだまだ序の口でした・・・

 

永源寺実紀

唯一の先輩。唯一まともな会話が通じる相手。

だが・・しかし・・・・・

お医者さんごっことかに期待してください(違

 

源陽詩美

「ドジって言ったぁ」

「いいもんいいもん、芋虫いじめてやる・・えいえい」

「むい~」

「頭撫でて撫でて~」

「ちょ~っぷ!!」

「しくしく・・・痛い」

って感じのやりとりを何度も見ることになります。

いいよねぇ。昔から気心知れてる仲って。

そんな天然系の陽詩美も本編に入るとすごく鬱ります。

前半で癒し分を補給しましょうね。

キーキャラは何故か唯一ループの外から来れる妹の春華ちゃん。

 

スウ

看護用ロボット。合宿中に見つける

もはや何も語りません。その目で確かめて下さい。

なんというか・・・究極の世界で究極の愛の形を是非体感しましょう・・・。

ここまでするか!?って感じな展開。いや、いつ終わるのか読めない展開というべきか?

 

総評

もはやこれ以上は全部ネタバレるんで言いませんが・・・とにかくかくにく、すごい!ということです。

(説明になってませんが・・・)

お気に入りキャラ:橘蘭

お気に入りシナリオ:スウ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。